サブモダリティー

サブモダリティーとは、日本語で従属要素といいます。
具体的には、人が周りの世界を五感を通じて認識する際に使用した様々な構成要素のことを指します。

サブモダリティ-をNLPのVAKごとに挙げると、

視覚(V)のサブモダリティー...色、形、明るさ、彩度、動き、距離、位置
聴覚(A)のサブモダリティー...音の大きさ、音程、音のスピード、リズム、音の聞こえる位置
体感覚(K)のサブモダリティー...温度、湿度、感触、重さ、圧力


色のサブモダリティ-では、どのような色なのか、濃さや薄さはなどを感じます。
一般的に楽しい思い出は、明るい色合いで温かさや明るい音楽、大きな映像などが浮かんできたのではないでしょうか?

反対に嫌な思い出は、どことなく暗く、どんよりとじめじめした感じで、ひんやりとしたような感覚もあるかもしれません。


サブモダリティー・チェンジというNLP(神経言語プログラミング)のワークを通して、このサブモダリティーの各感覚を心地よいものに変化させていくことで、の記憶に対する印象や反応を変化させることができます。