アソシエイトとディソシエイト

アソシエイトとは、物事を主観的に見ている状態で反対にディソシエイトとは、物事を客観的に見ている状態を指します。

アソシエイトとディソシエイトの考え方は、NLP(神経言語プログラミング)のワークでよく使用される重要な観念です。


例えば、過去の嫌な出来事を思い出した時に、アソシエイトとディソシエイト、どちらの状態で記憶・認識しているかによって、感じ方が異なってきます。

アソシエイトで感じていると、過去の出来事にも関わらず、その時の嫌な感情が今そこにあるかのように感じてしまいます。

しかし、ディソシエイトした状態で、過去の出来事を思い出しても、その時感じた嫌な感情をあまり感じることはないでしょう。


例えば、何か問題に凝り固まってしまっているときなどはアソシエイトの状態で問題を眺めているケースが多いため、問題を客観的に捉えるために、ディソシエイトした状態で問題を捉える努力をしてみるとのも一つの手です。

具体的には、問題を別の角度から見るためにイメージのなかで自分の立ち位置を動かしてみる。問題との距離を取ってみる。


NLP(神経言語プログラミング)のスキルであるアソシエイトとデソシエイトは、それぞれの視点を使い分ける事によって、別の捉え方が可能になります。