日本NLP協会からのお知らせ 警鐘 NLPスクールを選ぶ際のご注意点

ここ10年ほどの間に日本でもNLPを学ぶ方が欧米に追いつく勢いで増えています。
日本のNLP協会としてこのNLPの人気を喜ばしく思いつつも、残念ながら悪質な業者の出現が見られ、受講を検討される方から当協会にご相談が寄せられています。この状況を大変遺憾に感じております。

過去には英会話学校の倒産、閉鎖が記憶にありますが、NLPスクールでも同じような現象が起きています。詐欺まがいの運営方法で講座を開催しているスクールが散見されるため、安心してNLPを学ぶ事ができるNLPスクールの特徴を示したいと考えます。


特徴は以下の2点に集約されます。

安心できる基準 危険スクール

  安心できる
基準
危険
スクール
プラクティショナーコース開催日数(時間) 10日間以上(受講時間70時間以上) 6日や8日未満(受講時間70時間未満)
プラクティショナーコース価格 30~40万円以下の価格帯であること 20万円台や格安コース

倒産、閉鎖前のNLPスクールが格安、または短期間を謳うケースが増えております。
魅力的な表現で短期間でのコース運営や、格安でコースを紹介するという特徴があります。

欧米の名門と言われる信頼性の高いNLPスクールに共通しているのは、クオリティを保つため通常10日~16日でプラクティショナーコースが開催されていますので、「欧米では短期間で学習」という偽の情報をもっともらしく記載しているNLPスクールのサイトを信用するのはかなり危険です。

偽の情報や極端な運営方法に惑わされないよう注意して頂き、平均的で安心できるNLPスクールをお選び下さい。

日本NLP協会

※こちらも合わせてご覧ください。
 ⇒ 「NLP団体選び 7つのチェックポイント」

日本NLP協会設立の背景

1970年代にNLPが開発され、約40年の歴史が刻まれようとしています。

NLPの源流は心理療法の現場。数ある効果的な心理療法の歴史からすれば、この40年という歳月は若い部類ともされる中、NLPは着実に時代と人と共に進化を続け、今や第3世代NLPとなるまで発展を遂げています。

この素晴しい発展のスピードは、NLPがもたらす可能性が無限であることの証だと言えるでしょう。
一方、NLPの急速な発展と広がりは、現代社会に於ける環境や人間関係の変化・複雑化から、私達の「心」が不安を感じているというサインであり、「心」が求めているニーズでもあるのです。

当協会には、NLPが私達にもたらす素晴しい効力は、誰もが容易に取り入れることが可能であり、大きな成長や変化を遂げることができる、という真実を伝達する目標があります。

その目標達成のために、まず私達は何をすべきでしょうか?

おすすめの認定スクール・認定コース

NLP-JAPAN体験講座
NLP-JAPAN体験講座
NLP-JAPAN ラーニング・センター
NLP-JAPAN ラーニング・センター
米国NLP&コーチング研究所公認 NLPプロフェッショナルコーチ認定コース

日本NLP協会がつくる基準と領域

基準日本NLP協会の定めるものは、まず第1に、正しくNLPを伝達する人間が、人の「心」を扱うのに相応しい専門家であるという「基準」です。

その相応しい専門家とする要素とは、
・人間性
・信頼性
・技術力


この3つが一定の能力以上であり、常に高める姿勢のある人材を育成し、専門家として認定していきます。

そして第2に、この専門家が取り扱う「領域」を明確にすることが必要です。心を扱うとはいえ、NLPの専門家は医療行為やそれに似た行為を行うことはできません。

NLPを最大限に活用するプロフェッショナルであるという認識と、常に最良の判断を行うための知識を有していること。これにより信頼のおける領域を定めていきます。

日本NLP協会認定トレーナーになるには

日本NLP協会では、日本の基準となる優れたNLPを広く普及する目的のもと、日本NLP協会認定の資格を発行するトレーナーの育成を行っていきます。

日本NLP協会の認定トレーナーとなるには、

●NLP認定トレーナーの開催する

  1. NLPプラクティショナーコース
  2. NLPマスタープラクティショナーコース

当協会が認定しているこの2つのコースを修了し、そしてトレーナーの認定基準をクリアすることで、初めて資格認定を受けることができます。

※「NLPプラクティショナーコース」、「NLPマスタープラクティショナーコース」とは、当協会の認定NLPトレーナーが開催しているコースとなります。

 


日本NLP協会の活動地域(東京・名古屋・大阪・福岡)

現在、日本NLP協会が認定するNLP資格セミナーは、東京・名古屋・大阪・福岡の地域で開催されています。
活動当初、東京地区からのスタートだった日本NLP協会が認定するセミナーも、現在では、日本主要都市を中心に全国各所で開催が行われるようになりました。

今後は、東京・名古屋・大阪・福岡だけの開催ではなく、さらに多くの地域でのNLPコースの開催を予定しています。

現在のNLPは、主にビジネスの現場で使われていることが多いように思います。
しかし、NLPはそれだけではなく、コーチングやセラピーの一つとして、認知されています。

コーチやセラピストとして、生計を立てている方の中には、NLPのトレーニングを行っている人もいる事と思います。日本NLP協会は、そういったコーチやセラピストの方の支援も行っていきます。

また、ビジネススキルとして、NLPを学んでいる方に対しても、これからも日本のNLPのレベルを上げるべく、活動を続けて参ります。

東京・名古屋・大阪・福岡にお住まいの方以外にも、世界基準のNLPを届けられるように、日本NLP協会は活動を続けます。

●セミナー情報はこちら

 ⇒ NLP-JAPANラーニング・センター

(セミナー運営団体)