NLPとは?
(天才たちのパターンを分析することから始まった)

NLPとは

NLPとは、Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)の頭文字から名付けられています。

NLPは、1970年初頭、カリフォルニア大学の心理学部の生徒であり数学者だったリチャード・バンドラーと言語学の助教授だったジョン・グリンダーが心理学と言語学の観点から新しく体系化した人間心理とコミュニケーションに関する学問です。

セラピーの現場で天才と称された三人のセラピスト達の分析から生まれました。


世界的に有名なコーチ、アンソニー・ロビンズ(NLPを学んだメンタルトレーナー)が低迷していたテニスプレーヤーのアンドレ・アガシをコーチし、世界一に復活させたというのは非常に有名な話です。

また、クリントン元大統領やオバマ元大統領、トニー・ブレア首相などがNLPを学び演説で活用したことでも知られています。


セラピーやカウンセリングの現場から生まれたNLPですが、現在ではこの領域に留まらず医療の現場やビジネス、教育の場、家庭や育児に至るまで様々な分野で活用され続けています

NLPの成り立ち 3人の天才セラピスト達

NLPの共同創始者であるバンドラーとグリンダーは、天才セラピストと称された3人を分析することから研究を始めました。


3人の天才セラピストとは、

  • ミルトン・エリクソン(催眠療法)
  • フリッツ・パールズ(ゲシュタルト療法)
  • バージニア・サティア(家族療法)

ミルトン・エリクソン(催眠療法)、・フリッツ・パールズ(ゲシュタルト療法)、バージニア・サティア(家族療法)


ミルトン・エリクソンは、精神科医で心理学者として催眠療法を活用しクライアントの悩みや問題の解決にあたりました。

フリッツ・パールズは精神科医であり、精神分析医でしたがドイツのゲシュタルト心理学を心理療法に応用し、ゲシュタルト療法の学派を創設しました。

そして、バージニア・サティアは、心理療法家であり、家族療法の創始者でした。


この3人が行っていた心理療法(アプローチ)はそれぞれ違いましたが共通して卓越した結果を出し世界的に知られていました。

「天才たちの秘密を分析」
「人の心のプログラミングとは?」


バンドラーとグリンダーは、3人の天才セラピストを分析する中で、彼らの言葉の使い方や心理的なアプローチを分析し、「なぜ」優れた結果が出せているのかを紐解いていきました。

アプローチの手法と言葉の使い方に大きな秘密を発見しました。


人間は、自分が体験した出来事を五感(神経)『視覚、聴覚、体感覚、味覚、臭覚』を通して認識し、言語/非言語によって意味付けを行い記憶として定着させます。

私たちは、生まれてから今に至るまでたくさんの経験や体験から様々な意味付けを行い、自分の考えや思い込みというものを作っていきます。

ある程度の年齢になると考え方や生き方、反応の仕方に一定のパターンができてきますが、このことをNLPでは「プログラミング」と言っています。


我々の考えや行動は、様々な経験を通して神経と言語/非言語によってプログラミングされているのです。

一度プログラミングができあがると、その後は条件反射のようにパターン化され反応するようになっていきます。

パターン化された条件反射の中には、自分にとってプラスの反応もあれば、マイナスに働く反応も出て来ます。


NLPでは、プログラミングの構造を言語学と心理学から紐解いて来たと同時に、再プログラミング(リプログラミング)する方法も確立して来ました。

人の思考パターンや行動パターンは、実証済みの効果的な手法を用いることで変えることができるのです。

当初は、心理療法(セラピー)の現場で活用されてきましたが、その効果の高さから現在では、ビジネス・医療、教育、スポーツなど様々な分野で活かされ世界中に広がっています。

NLP で実現できることは?

NLPから得られる効果や学びは、大きく分けると下記の4つのカテゴリーに
分かれます。


4つのカテゴリー
  • 他者とのコミュニケーション(人間関係、信頼関係の構築法)
  • 自分とのコミュニケーション(自分の内面の整理と人生の方向性の探求)
  • トラウマを含む、マイナス面やコンプレックスの解消
  • セルフイメージを高める。(目標達成の力を身につける。引き出す)

(1)他者とのコミュニケーション
  
(人間関係、信頼関係の構築法)


NLPを学ばれた方の共通の意見が、「学校教育でNLPがあればいいのに」というもの。

人間関係や信頼の築き方は、経験から学ぶ方が多いですが、しっかりとした理論とスキルを学ぶことにより人間関係に大きな変化を作り出します。

自分の考えやメッセージをどうやって伝えていくか。効果的なメッセージの伝え方を学ぶこともこの項目に入ってきます。

(2)自分とのコミュニケーション
  
(自分の内面の整理と人生の方向性の探求)

長い人生の中では、時折、自分自身を振り返り自分の内面に向き合い人生の方向性について考えたり、整理したりすることがとても大切になってきます。

自分の心理状態や価値を置いているもの、夢やビジョン、そして生き方について探求し、次のステージに向かうための自分自身を作り出します。

(3)トラウマを含む、マイナス面やコンプレックスの解消

大小は別として、人はたいてい心に何かしらの傷を抱えながら生きています。

自分にコンプレックスを持っていたり、傷ついた心の状態のまま生きていくことは大変辛いものです。どこかのタイミングでこれらの重しを下ろし楽に生きられる状態を作り出していきます。

生きやすくなり、本来持っている能力が発揮しやすくなっていきます。

(4)セルフイメージの向上
  
(目標達成の力を身につける。引き出す)

NLPは、天才セラピスト達や様々な分野で活躍してきた人を調査し分析してきました。

このパートでは、卓越した結果を出すための手法を学ぶことができます。ポジティブな状態を作り出し、目標や夢の実現を可能としていきます。

セルフイメージを高めることで、思考パターンが変わり、人間関係の改善はもちろんのこと、行動力UP、そして発揮する能力の向上も可能です。

 

 

さらに他には、

  • ・思考・感情のコントロール法
  • ・行動パターンを変えるアプローチ
  • ・他者に対する影響力が飛躍的に高まる
  • ・こころのしくみ(メカニズム)の理解
  • ・成功者に共通する『気づき』の能力を高める
  • ・信念の書き換え(自分を変える方法)
  • ・ビジョンの構築(自分が人生で進む方向を発見する)
  • ・自分や他者の問題解決
  • ・成功者の思考パターンや行動パターンを身につける方法

など


NLPは、応用範囲が広いため得られる効果が多岐に渡ります。
結果的に様々な分野に応用されることになりました。

 

無料レポート

NLP-JAPAN体験講座

人気(評判)も高いが、批判もあるNLP

効果性の高さから非常に人気のあるNLP。
しかし、その人気の高さから、カウンセリングやセラピーの学派から嫉妬されることもしばしば。受講生が集まる数が圧倒的に違うことでこのようなことが起こります。

また、効果が高いがゆえに悪用されることも。

信頼関係を作るスキルを悪用し、洗脳や詐欺に使われることもあります。
効果の高い手法は、使い手の誠実さが求められます。

NLPの学び方

NLPは書籍や講座の受講で学ぶことができます。


書籍で学ぶメリットは、手軽にNLPで何が可能なのかを知ることができることです。

講座受講のメリットは、講義→実践(実体験)→フィードバックの形式で実践的に身につけられるところです。


NLPは、ステップ byステップで学び習得することができます。

スクール選びの2つの注意点

NLPを学ぶ場所について後悔が起こらないよう、2つの注意点を示しておきます。

・営業が強引。

担当者がその場で決断を迫ってくるスクールがあるようです。
大手に見えても、生徒が集まらないスクールは強引です。電話が頻繁にかかるところもご注意ください。これは決して一般的ではありません。誠実なところからは電話がかかることはまず無いと思って間違いありません。

・格安である。

冷静に考えましょう。人気がないので格安にしないと生徒が集まらない。これが実情です。安かろう悪かろう。過去に格安のスクールはいくつも存在しましたが、数年しないうちに消えてなくなってしまいました。後悔しないよう、安易に値段で選ばないことです。

NLPをたくさんの方に

NLPを学ばれたたくさんの方々が
「もっと早く知っておけばよかった」とおっしゃいます。

そして、時には「NLPは、できれば自分だけが知っておきたい内容。いろんな人に知って欲しくない」こうおっしゃる方もいます。

大きな成果を得たり、効果の高さに感銘を受けた方々がたくさんいらっしゃいます。

さあ、あなたもNLPを知って、そして学んで新しい世界を体感してください。
NLPとの出会いがあなたの人生をより豊かにするきっかけになることを願ってやみません。

 

NLP-JAPAN体験講座

NLP-JAPANラーニングセンター