NLPとは?

NLPとは、Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略で、別名「脳の取り扱い説明書」とも呼ばれる、最先端の心理学。

1970年代に開発され、現在ではすでに「第3世代」と言われる最新のスキルが主流となり、セラピーやカウンセリングの現場だけではなく、人生全般に素晴しい効力を発揮するとされて、世界の各界トップレベル層が学んでいることで知られています。

NLPは、最強のコミュニケーションの手法として極めて優れており、同時に目標達成や自己成長にも大きな効果をもたらします。


NLPが生まれたのは、1970年代にアメリカ・カリフォルニア大学の若き天才、リチャード・パンドラーとジョン・グリンダーが、心理学と言語学、サイバネティクス理論やシステム論を元に、セラピーの分野で非常に有名だった「3人の天才」を分析したことに始まります。

その「3人の天才」とは、

  • 催眠療法家の『ミルトン・エリクソン』
  • ゲシュタルト・セラピーの『フリッツ・パールズ』
  • 家族療法家の『バージニア・サティア』です。

3人はそれぞれが独創的で劇的な成果を出しており、全く異なったアプローチを行うセラピストでしたが、驚くほど似通ったパターンを用いていました。
この3人のスキル・パターンを体系化したものがNLPの源流となっています。


NLPは心理療法の現場でその効力を示し、急速にセラピスト達に広がって行きます。
コミュニケーションの手法として、そして理想的な状態へと自己を成長させて導く手法として、コーチングのスキルやビジネスにも取り入れられ、またたく間にアメリカ中に広まることになるのです。


近年では、世界ランキングのトップから落ち込んだ、テニスのアンドレ・アガシ選手が、このNLPを用いたコーチングにより再びトップの座へ返り咲いたこと、ビル・クリントン元米大統領がNLPを学んでいたことでも有名です。

このように、すでに世界中に広く知られ、取り入れられているNLPは、1990年代以降、「第3世代」へと進化を遂げており、今後さらなる発展が期待されています。