日本NLP協会 資格認定コース ー詳細ー

日本NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー認定コース日本NLP協会では、日本の基準となる優れたNLPを広く普及する目的のもと、日本NLP協会認定のコースを開催するトレーナーの育成、そして各トレーナーが開催するコースの監修・認定を行っています。

トレーナーの資格取得のためには、当協会が認定している2つのコースを修了し、トレーナーとしての認定基準をクリアすることで、初めて資格を取得することができます。


2つのコースとは、
●認定トレーナーの開催する
(1)NLPプラクティショナー認定コース
(2)NLPマスタープラクティショナー認定コース


●当協会の認定基準である
(3)NLPトレーナー基準のクリア

当協会の認定するプラクティショナー認定コース、マスタープラクティショナー認定コースを修了し、当協会の要件を満たした方は、当協会のトレーナーの認定を受けることができ、資格を発行することや、「日本NLP協会認定トレーナー」として活動することができます。

※認定トレーナーが資格を発行できるコースは、「NLPプラクティショナー認定コース」、「NLPマスタープラクティショナー認定コース」の2つとなります。

日本NLP協会資格認定 NLPマスタープラクティショナー認定コース

NLPの上級スキルを、12日間に渡って習得し、実践していくための上級ロングコースです。
上級のマスタープラクティショナー認定コースでは、より実践に活かす手法、そしてより深く自分自身とのコミュニケーションを行い、効果的にさらなる高いステージへ進むことを目差して学んでいきます。

特に、プロとしてカウンセリング、コーチングに携わる方にとっては、最高のパフォーマンスの発揮のためには、スキルを上げるだけでなく、自分の見せ方、アピール、説得力や影響力が大きく関わります。

NLPの知識、スキルの向上はもちろんのこと、他者へ提供するためには、いかに効果的に表現していくのが望ましい結果に繋がるか、実践的なワークや課題を通して習得していきます。

NLPマスタープラクティショナー認定コースで取り扱う内容の一部

  • NLPによる変化のプロセス
  • アウトカムの設定
  • ビリーフ(信念)
  • メタファーと信念
  • 自己を知る
  • チェインプロセス
  • トランス誘導について
  • プレゼンテーションワーク
  • チェインアンカー
  • メタプログラム
  • 価値基準
  • ミルトンモデル
  • バリュー
  • ストレス対応     など

NLPマスタープラクティショナー認定コースから得られる成果・メリット

  • NLPを人に伝えることができるようになる
  • 飛躍的な成長を遂げるための高いセルフイメージを身につけることができる
  • トランスの体験と日常に活かせる催眠の習得
  • プレゼンテーションスキルの向上
  • NLPの習熟度の飛躍的な向上
  • 自分をメディアとして構築できるようになる

日本NLP協会 認定NLPマスタープラクティショナー認定コースを受講するには

日本NLP協会 資格認定が可能なNLPマスタープラクティショナー認定コースは、当協会の認定トレーナーまたは、認定トレーナーが所属する団体が開催しているコースとなります。
※募集方法、費用、開催詳細は各トレーナーによって異なります。

◆費用について
当協会の認定マスタープラクティショナー認定コースの受講料は、350,000円~420,000円内と規定しております。当協会規定のカリキュラムの他、各トレーナー独自のカリキュラムを加えてコースの構成を行っておりますので、受講料はトレーナーによって異なります。

当協会からも、認定トレーナーの開催コースをご紹介しております。開催地域などを知りたい方は、こちらよりお問い合わせ下さい。