目標達成のためのNLP(神経言語プログラミング)

NLPには
「誰かにできることなら、自分にもできる―あとは、そのやり方を知るだけ」という前提があります。

この前提が差すものは、「NLPは天才の行う目標達成(=理想の状態)のためのアプローチを、誰もが享受できるものへと体系化されたスキルである」ということです。

アウトカム(望ましい状態・ゴール)を設定し、達成の為に何をするべきか、何を変えるべきか に常に焦点を合わせてアプローチし、達成した状態へと近づけていく。

目標達成のためにNLPがどれ程効果的であるかを説明するには、あまりにもその手法は膨大です。
なぜなら、そもそもNLPのすべてのスキルは、目標達成(=理想の状態)に繋がっているからです。

目標達成のプロセス


図のように、NLPでは現在の状態から目標(理想の状態)へ向けて、様々なスキル、そしてコミュニケーションを行っていきます。


コミュニケーションには2種類あって、
1つは「他者とのコミュニケーション」、そしてもう1つが「自分自身とのコミュニケーション」です。


自分自身とのコミュニケーションによって、目標達成に向けて何が重要なのか、 あるいは、妨げとなっていることは何かを探り、そして達成へのリソースを引き出すことが 可能になるのです。


●「質問力」が問われる理由

今、社会人に問われる能力として、「質問する力」が注目されています。
これは、質の高い問いを投げかけることで、的確に相手の意見や望むことを引き出し、さらには相手との信頼関係を深めることや、貢献する、必要とされるために大切な能力です。

人間の脳には、「空白を埋める」という機能が備わっています。
言い換えれば、「わからないことの答えを探す」ということです。


そもそも人間の脳は「快を得て、不快を避ける」ものとされています。
「わからない」という状態は不安であり、それは脳にとって不快な状態。
不安(不快)を避け、安心(快)を得るために、なんと毎秒A4用紙30ページ分もの情報処理(情報検索)をして脳は答えを探すのです。

例えば、「赤い車が欲しい」と思っていると、やたら頻繁に赤い車を見かけるようになった、そんな経験をしたことがありませんか? これは脳が「赤い車」にフォーカスして、自動的に(無意識に)赤い車を識別(意識)させているということになります。

このような脳の機能を使い、常に目標を意識すること、達成するために必要なことを質問することが、とても有効な手段だということをNLPでは積極的に用いていくのです。

世界No.1コーチとも言われ、NLPトレーナーであるアンソニー・ロビンズも「肯定的な質問」を習慣付けることは、成功への大きな要素として説いています。

彼は、テニスプレーヤーのアンドレ・アガシを世界ランク1位に返り咲かせたことや、クライアントに故ダイアナ妃を始め、世界中に影響力のある人達のコーチを務めていることでも有名です。

輝かしい活躍へと導くそこには、私達だれもが持つ「脳」の機能に働きかける、というNLPのスキルが多分に含まれているのです。