フォビア(恐怖症治療)

フォビア(phobia)は「恐怖症」という意味です。

恐怖症には、広場恐怖症、閉所恐怖症、高所恐怖症、対人恐怖症など、様々なものがあります。
フォビア(恐怖症)は、ある特定の対象や出来事によって個人にもたらせられる、心理的・生理的な異常反応を指します。


フォビアのワークでは、その恐怖体験の記憶を変化させ、新しい反応をインプットすることで、恐怖症の症状を解消することができると考えられています。

  1. 対象とするフォビア(恐怖症)を決める。フォビア(恐怖症)が形成された出来事を思い出すことで、どのような感じがするか言語化する。

  2. 今度は反対にクライアントにとても安全で居心地のよい状態を思い出してもらい、言語化する。その際、セラピストはそのいい状態をクライアントがいつでも思い出せるよう、アンカリングしてサポートする。

  3. クライアントは、映画館に座っている状態をイメージし、目の前のスクリーンに過去の楽しかった出来事を白黒で思い出し、映し出す。

  4. スクリーンに映し出された映画を見ている自分をそこに置いたまま、そこからから抜け出し、その「映画を見ている自分」の姿を後ろから見るポジションに立つ。

  5. 今度は、スクリーンに1の フォビア(恐怖症)の体験を前後を含めて、白黒で映し出す。

  6. 白黒の映像を、最後のシーンから5秒くらいの高速で、逆回しで映し出す。

  7. 映像の最後のシーンをカラーにして、一瞬にしてもう一度逆回しにする。

  8. 将来、同じような恐怖体験を経験した際に、どのような反応になるかイメージしてみる。


このワークのポイントは、映像を逆回しにすることによって恐怖の記憶を壊している点です。
それと同時に、白黒の映像をカラーにして一瞬でシーンを終了させることで、恐怖体験に関する記憶が消去されたような感覚になります。


また最後に、予行練習として、将来同じような場面に遭遇した際にそなえて、好ましい反応をイメージすることで、新しい反応を脳にインプットしています。


フォビア(恐怖症治療)のワークの解説・体験は、NLPプラクティショナー認定コースで行っています。

大人気「無料レポート」プレゼント
すでに55,171名がダウンロードした
『人生ビジネスステージめる』心理学NLP秘密とは

「心理学NLPを学ぶことで」、

  • ●なぜ、人生とビジネスで手にする結果が変わるのか?
  • ●なぜ、仕事や人間関係で影響力が高まるのか?


日本NLP協会の公認スクールで、世界最先端のNLPを提供している 「NLP-JAPANラーニング・センター」が監修し、

すでに55,171名が読んだ大人気・無料レポート
『人生とビジネスでステージを高める』心理学NLPの秘密とは?

現在、無料で公開中!

  • ■ ビジネスでより高い成果を上げたい
  • ■ 人間関係の悩みや問題を解決したい
  • ■ 他社に対する影響力や説得力を高めたい
  • ■ コミュニケーション能力を上げたい
  • ■ 販売や営業で成功したい
  • ■ マネジメント能力を向上させたい
  • ■ トラウマやコンプレックスを改善したい
  • ■ 目標達成や問題解決の能力を高めたい
  • ■ 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい


もし、あなたが上記のいずれか、あるいはすべてを実現したいと考えるなら、
この無料レポートはきっとお役に立てることでしょう。

スグに試せる/試したくなる内容が満載の『無料レポート』です。
ぜひダウンロードしてご活用ください。

今すぐ無料レポートをダウンロードする