T.O.T.E モデル

T.O.T.Eモデルとは、目標達成の法則を構図化したNLPのモデルの1つです。

T.O.T.Eの文字は、Test(テスト)- Operate(操作)- Test(テスト)- Exit(退出)を表しています。

「トライ アンド エラー」という言葉があるように、私たちはある目標を達成するまでに、さまざま行動を試みることがあります。

そういった目標達成までの行動プロセスを具体的に説明したものが、T.O.T.Eモデルです。


T.O.T.Eモデルの具体的な流れでは、最初にゴールを設定します。
そして、そのゴールを達成するための具体的な行動を検証します。

そして実際に行動をしてみてその行動によってゴールが達成されたかどうかをテストします。


テストによりゴールとなる基準が達成されていない場合は、別の方法を検討します。
テストの基準が満たされた場合は、そのプロセスから退出し、ゴールとなります。

このT.O.T.Eモデルは私たちが何気なく行っていることでもありますが、忘れがちな視点でもあります。

「失敗は存在しない。ただフィードバックがあるだけ。」
「うまくいかなかったら、別のことを試してみる。」

このNLP(神経言語プログラミング)の前提をもとに、T.O.T.E モデルは作られています。